機能面も利便性も兼ね備えた二段ベッドで快適生活!

通販で家具を買う前に確認

通販は基本的に安い

ベッド

家具専用の通販サイトや、家具を含む生活品を販売する通販会社は、一般的な家具屋よりも様子が傾目立ちます。他には運ぶ際の労力やストレス、品物を見る時に他社や店員を気にしなくて良いなど、メリットがたくさんあります。一般的な家具屋に足を運び、買うか検討中の時、他のお客さんの目を気にして集中できなくなってしまう場合や、店員の声かけが負担になる場合も否定できません。家具を販売している通販会社にもピンキリがありますが、消費者として理想的なサービスは安くて品質が良い、長持ちするなどです。一般的な家具屋で「二段ベッド」を買う場合、20000円程度では買えません。しかし、通販の場合だと大幅値下げをする時はあり、場合によっては開店5周年記念で大セールスキャンペーン開催もします。アウトレット品の提供などもありますが、運が良ければ「二段ベッド」も20000円を切る可能性は否定できません。破格に等しいですが、通常の店では成立させられない価格でしょう。ちなみに「二段ベッド」の用途は様々ですが、購入するお客さんは子供のために買う、という動機が多いと言えます。子供が2人以上いる家庭は好んで「二段ベッド」を買いたがる傾向はあり、機能性や利便性が人気を出します。また、材質も様々ですが、子供の悪戯にも耐えられる強度がある、木材を使用した「二段ベッド」を買うのが好ましいでしょう。中には柱が細いベッドがありますが、衝撃で破損していたらケガの原因になります。

どんな種類のものがあるか

レディ

兄弟、姉妹がいる家庭だとそれぞれに寝るスペースを設けることになり、そのスペースの確保に頭を悩ませている人もいるかもしれません。そんな時に活躍してくれるのが二段ベッドです。二段ベッドは一つのベッドの上にもう一つベッドがセットされていて、上の段のベッドを使用する場合ははしごを使って上がっていきます。二段ベッドを使うことで一つのベッドのスペースで二人分の寝るスペースを確保できるので、スペースを有効的に活用することが出来ます。最近ではマンションなどの集合住宅に住んでいる方も少なくないので、そういった場合には大変メリットが大きいのではないでしょうか。そんな二段ベッドですが、実は色々と種類があります。一般的な二段ベッドだと木製タイプのものがイメージされますが、この木製タイプだと家の他の家具、インテリアにも合わせやすいのではないでしょうか。また、木製タイプの他にスチールタイプのものもあります。スチールタイプだとデザインがシンプルで、圧迫感が感じにくくなるかもしれません。それぞれの素材によってお部屋の印象が全く変わってくるので、どちらのタイプのほうが良さそうなのかよく考えてみると良いのではないでしょうか。また、機能の面からいうと下段のベッドの下に引き出しやチェストが備え付けられていて、洋服や物が収納できるタイプもあります。逆に下段ベッド下に収納スペースがなく、手持ちの収納ケースなどを使って床下を活用できるタイプのものもあります。一概に二段ベッドといっても結構色々な種類があるので、ベッド選びをする際にはよくよく考えて見極めると良いのではないでしょうか。

部屋のスペースも有効活用

笑顔の女性

2人兄弟の家庭では、二人一緒の子供部屋で二段ベッドを使っているというケースも多いのではないでしょうか。日本の住宅事情では子供部屋に十分なスペースが取れない家庭も多いため、スペースの有効活用という点でも大きなメリットがあります。中には、広めの子供部屋を二段ベッドで間仕切りをするなどアイデアを生かして活用している家庭もあります。昔ながらのオーソドックスなものから、カラフルな色で彩られていることや、はしごではなく階段になっているものなどスタイルにもバリエーションがあります。そのため、それぞれの用途や趣味に合わせたものを選ぶことが出来るのも大きな魅力と言えるでしょう。また、それぞれの部屋で一人で寝るのではなく、枕を並べるわけでないにしても同じ空間で兄弟一緒に眠ることが出来るというのも二段ベッドの良い点です。上下に分かれてそれぞれの布団に入りながら、眠りにつくまでの間とりとめのない話をしてみることや、ふと夜中に目覚めた時に誰かの気配が感じられるのは安心感があるでしょう。そんな程よい距離感が、自分のスペースを確保する事と、誰かのぬくもりを感じられることの両方を実現できるのが二段ベッドなのです。また、子供が成長した先には分解して二台のシングルベッドとして使えるものがほとんどであるため、長い目で見てもお得感を感じることが出来ます。小学校に上がるタイミングなど、親から離れて眠り始める入門編としても、二段ベッドは有用なアイテムと言えるでしょう。